公設秘書を募集しております。

木村英子と一緒に、障害者の完全参加と平等実現のために働きませんか?

 木村英子事務所では公設秘書を募集しています。日本で初の重度障害をもった国会議員である木村英子と一緒に、障害者問題に取り組んでみませんか?
 木村は、社会の障害者に対するバリアを取り除くために、障害者の視点で国会活動を行っており、また、地元の多摩市で障害者団体での活動も行うなど、障害当事者議員ならではの政治活動をしております。障害者と健常者が分けられ、お互いを知り合う機会が少ない中で、障害者の生活やさまざまな問題について知る機会にもなりますし、障害者の現状の最前線を見ることができます。
 興味のある方は、下記の「木村英子からのメッセージ」と「募集要項」をお読みいただき、下記申し込みフォームから、申し込みをお願いします。

木村英子からのメッセージ

 重度の障害を持っている私は、本当だったら養護学校を卒業した後、施設に入れられ、一生そこで終わることが当たり前の人生でした。高校生の頃抱いていた夢は、健常者の人たちと同じように地域で生きて、当たり前の生活を送ること。それは重度障害者にとっては雲の上のことなんです。施設を拒否し、地域へ飛び出し37年、バリアだらけの社会の中で、ひとつひとつやりたいことを叶えることができて、今、国会議員として多くの障害者の人たちの希望を実現するために活動しています。
 障害者の現状を改善するために、私と一緒に行動を共にし、地元の活動や国会活動を支えてくれる熱意のある方を募集しております。

【募集要項】
○業務内容
・国会内での活動(委員会での質問づくり、視察同行、省庁とのやり取りなど)
・地元での活動(障害者団体の活動への参加、地域イベントへの参加など)

○求める人材
・木村の政策(障害者と健常者がともに生きられる社会の構築)に関心を持ち、熱意をもって活動を支えたいと思う方
・木村の体調に合わせて、柔軟に活動を支えてくれる方

○求めるスキル
・普通自動車運転免許をお持ちの方(AT限定でも可)
・基本的なパソコン操作ができる方(ワードやズームの使用、メール送受信など)

○雇用形態
・正社員(公設秘書での採用)

○契約期間
・期間の定めはありません。

○試用期間
・試用期間6か月あり

○就業時間(休憩時間)
・国会会期中は10時~18時(休憩1時間程度)
・閉会中は13時~20時(休憩1時間程度)
※勤務時間は目安となります。公設秘書となりますので、勤務時間は一定ではなく、議員の予定や体調によって勤務時間帯が変わってきます。

○休暇・休日
・週1日程度を予定


○勤務地
・(国会事務所)東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館
・(地元事務所)東京都多摩市の京王永山駅近く

○給与
・国会議員の秘書の給与等に関する法律に基づく給与が決まります。


○待遇・福利厚生
・社会保険については完備されています。

○応募方法
下記応募フォームから応募をお願いします。
書類審査の後、面接を経て合否を決定させていただきます。
※なお、書類審査に通過した方のみ、ご連絡させていただきます。





    \シェアしてね!/